デリヘル嬢との本番行為がバレた時のトラブル「最悪のケース」

これまでにデリヘルでの本番行為の危険性や注意点などについて紹介してきていますが、実際に本番行為を行ってしまい、それがバレた結果どのようなトラブルが起きているのか?ネット上に出ている実際に本番行為がバレた結果起こったトラブルの最悪とも言えるケースを紹介します。

デリヘルでセックスするのは自由ですが、こういった危険性もはらんでいるので注意してください。

バレた場合のデリヘル店の言い分

デリヘルでの禁止行為であるにも関わらず本番行為を行い、それがバレた場合は、デリヘル店側から多額の「罰金」を強いられることがあります。

当然店舗側にはそれなりの言い分があります。
風俗営業法違反による業務停止処分のリスク、また、デリヘル嬢の解雇となれば、それに付随する業務上の損失を補てんするための金額の請求なども考えられるでしょう。

また、あなたは違反行為を犯しており、世間的に非常に厳しい立場にさらされていることも忘れてはいけません。
罰金だけで済めば良い方で、悪徳な店舗であれば、事実に関係なく、禁止行為を強請り(ゆすり)の材料として恐喝や脅迫をしてくる場合もあります。

徹底的に搾り取られるケースも……

上記のように本番行為のトラブル後、デリヘル店側への罰金を支払ったにも関わらず、最悪の場合、その後も何かにつけて金銭を要求されるケースもあります。

例えば、合意のない場合、また合った場合でもその後のデリヘル嬢の供述によって嘘の証言をされてしまった場合は最悪です。「強姦罪」となり、それを黙っていて欲しければお金を払えというケースもあります。いわゆるデリヘル嬢と店舗がグルになって行うような悪質なケースです。

また、嘘を付く女というのは徹底的に嘘を付きます。
「襲われて心を病んでいる」となれば、デリヘル嬢の身内や彼氏を装う人物から「お前のせいで体調を崩し、通院している」「死にたい」と言っている、どうしてくれるんだ!」「責任を取れ!誠意を見せろ!」と詰め寄られ、罰金以外にも多額の慰謝料を請求されるケースもあるようです。

要はデリヘルでの禁止行為を行ったことは悪徳デリヘル店にとってみれば格好の脅し材料でもあり、恐喝や脅迫のネタになってしまうということです。デリヘル店舗側も責めるだけの材料が揃っているため、強い口調で詰め寄ってきます。

勤めている会社へ連絡するぞ、家族に連絡するぞと脅されてしまえば泣き寝入りしてしまう方も多く、たった一回のデリヘルセックスが人生を破滅に導くことになってしまうケースもあるようです。

トラブルに巻き込まれたら相談

もちろん、こういった恐喝や脅迫に屈してはいけません。何らかの形で和解や示談をすることにはなりますが、特に虚偽の事実で脅された場合などは弁護士や法律家に相談し、万全の対策をとることが一番です。

本番行為禁止のデリヘル店でセックスしないことが第一の予防ではありますが、してしまった場合でも自分に非がある場合でも事実と異なる証言や脅迫を強いられた場合は一人で抱え込まずに相談をするようにしましょう。

ただし、禁止事項は侵さないことが一番

当サイトで何度も言っていることですが、デリヘルでセックスすることはそれほど難しいことではありませんが、その分危険も潜んでいることを十分に理解し、本番目的であれば、ソープランドや出会い系でセフレを作ることを推奨します。

スリルを楽しむことと手軽にできるためデリヘルセックスを夢見る人は多いですが、やるならこういったリスクがあることも十分承知の上で覚悟を決めて行ってください。そうでないと私もデリヘルでのセックスはおすすめできません。結局は全ては自己責任です。

デリヘルでできること・ヤレること・プレイの範囲について

デリヘルでエッチがしたいと考えるのは男性であれば誰でも一度や二度はあることですが厳密なルールの上では本番行為はNGプレイに当たります。

では、そもそもデリヘルではどこまでできるのか?どこまでOKなのか?を確認してみましょう。
プレイ範囲を把握していれば、人によっては挿入に至らずとも満足できる場合もあるのではないでしょうか。

デリヘルでのエッチ(セックス・挿入)には「デリヘルセックスは違法」でもお伝えしたようにバレるリスクは少ないものの、バレたときのリスクの大きさは甚大なものです。

基本プレイで満足できそうにないかの判断基準としてもデリヘルの基本プレイをもう一度見直してみるのもいいでしょう。

デリヘルでやれる基本プレイ

キス・ディープキス・素股・フェラチオ・クンニ・シックスナイン・玉舐め・手コキ・足コキ・電マ・口内射精などなど射精に至るまでの基本行為はOKです。
これらでオプション料金を取られるところは少ないです。

オプション料金が必要になることの多いプレイ

アナル舐め・SMプレイ・オナニー鑑賞・顔射・緊縛・ごっくん・写メ撮影・即尺・放尿プレイなどのプレイは基本プレイにある場合もありますが、基本的にはオプション料金となり、別途支払いが必要になる場合も多いです。

ただし、デリヘル店やデリヘル嬢によってOKプレイ・NGプレイがあり、希望しても、仮にお金を積んでも無理なこともあります。そのため、特殊性の高いプレイには別途支払い(オプション料金)が必要になります。

マニアックなプレイになればなるほどデリヘル店、デリヘル嬢を事前にしっかり選ぶことが必要になります。


本番をやりたいと思っている方にとっては酷な話ですが、とりあえず基本的にこの本番行為以外なら認められていると思ってもいいでしょう。

例えば、一番挿入に近い感覚を得られるのは雰囲気的にも素股だと思うので素股で我慢するのがデリヘルにおける落としどころと言えるでしょう。

または、本気でやりたい、やることにこだわりたいのであれば、デリヘルではなく、ソープ(ソープランド)へ出向いたり、出会い系などでセフレ作りをした方がリスクが少ないと言えるでしょう。

デリヘルはやるため(セックスするため)の場所ではないので、やりたい方は他を探した方が確実です。

ただし、これまでにも伝えている通り、指定した場所で二人で会うという特殊性からもうまく立ち回ることでやれるのもデリヘルです。つまり、本番はその人次第、あなた次第とも言えます。

デリヘルでセックスするのは違法です

デリヘルはデリヘル嬢を個室(自宅やホテル)に呼び寄せ、性的サービスを受けることのできる男の性欲を満たすことのできるサービスですが、個室で二人きりになれるシチュエーションから本番行為を要求する男性は多いです。(デリヘル嬢から要求される場合も稀にあります)

実際に本番を要求する、されるという形で本番行為(セックス)をしてしまう方も少なくはありません。

ただし、このデリヘル(デリバリーヘルス)において本番行為は違法行為に当たります。
本番行為は売春防止法第三条(何人も、売春をし、またはその相手方となってはならない)に違反します。

ただし、違法ですが処罰がないのが特徴で処罰ではなく保護すべき対象として捉えられます。つまり、売春せざるを得ない状況にまで追い込まれてしまった「社会的弱者」として保護するという法律です。

売春行為そのものではなく、売春に繋がる行為を限定的に処罰することで売春を阻止しようという法律です。しかし、何も・誰もお咎めなしとは行かず、結果としてデリヘル嬢を派遣する店舗が営業停止処分を受ける場合もあります。

デリヘル嬢とのセックスには色々なシチュエーションがあります。

  • 男性が無理矢理挿入
  • 女性が無理矢理挿入
  • 男女同意の元挿入

シチュエーションはどうであれ、どのパターンでも本番行為がバレた場合、誰かが何かしらの形で罰せられることになります。単に本番行為を行った男性だけでなく、デリヘル嬢はもちろん、デリヘル店舗側へも風俗営業法違反として業務停止処分を受ける可能性があります。

デリヘルを呼んだ際にスタッフの方が「本番行為NG」を強調することが多いですが、こういった理由があるからです。そして、実際に本番行為がバレた場合はデリヘル店側からすれば営業停止処分は死活問題になります。

そのため、「罰金を払え!」「通報するぞ!」「訴えるぞ!」というトラブルが起こりやすくなるということです。

また、同意の元、または女性から無理矢理挿入させておいて、後から店舗側へ通報される美人局的な事件や無理矢理襲われたと虚偽の証言をされ、お金を払わなければ警察に訴えると脅されるケースもあります。実際に襲ってしまった場合は当然強姦罪で捕まります。

デリヘルはシチュエーション的にもうまく立ち回ることで比較的簡単にセックスまで持っていけそうですし、そういった意識の低いお客やデリヘル嬢というのは多いため、実際にセックスまで持っていくことはできますし、お互いに口外しない限りはバレることはありませんが、トラブルというのはつきもののため、注意はした方が良いです。

美人局でもない限りはバレるようなことはありませんが、それでももしバレた場合にはかなりリスクが高くなるため、本番行為を行いたいのであれば、本番行為が可能なソープランドを活用するか、出会い系などで簡単にエッチができる女を探すのが得策になります。

デリヘルでセックスはやろうと思えばやれますが、最低限のリスクは理解し、ある程度覚悟を持ってやった方が後から後悔がないかもしれません。